読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あんさんぶるスターズ備忘録①

何回読み直しても脳みそがポンコツすぎてイベストの詳細を覚えていられないからいっそのことメモに残しておこう!という自分のためのブログ。
超絶簡略化したあらすじと今後に何か関わってくるかもしれない気になるとこ中心。
ネタバレしかしてない。

2015年前半編

春嵐!花舞う桜フェス
時期:春
開催期間:2015/5/21~5/29
登場人物:Trickstar、神崎颯馬、乙狩アドニス、大神晃牙、仙石忍

お花見の季節になると開催される伝統あるドリフェス【桜フェス】に学院代表として選ばれたTrickstar…だけどスバルは仕事よりお花見がしたくて北斗と喧嘩してしまう…みたいなお話。

◎スバルがお花見に執着する理由
一年生の時クラスで浮いてしまい、独りぼっちでお花見にも呼ばれなかった(家に帰って大吉を抱えて一人で泣いてた)。だから今年こそは大好きなみんなと笑顔で楽しくお花見ができると期待してた。そしたら去年の悲しい思い出を新しく楽しい思い出で塗り替えられる。

◎Trickstar
スバル→生徒会に屈するな、輝こう、頑張ろうって叫んでクラスで浮いてた
北斗→芸能一家に生まれ敷かれたレールの上を淡々と歩くしかなかった
真緒→周囲への気配りをするばかりで自分のことがおろそかになってた
真→やりたくもない仕事に従事し心を殺してお人形みたいな生活をしていた
自分たちがやりたいことを一生懸命にやるために結成した

幕開け!夢ノ咲サーカス
時期:春
開催期間:2015/6/4~6/14
登場人物:fine、2wink、衣更真緒、遊木真、朔間零、大神晃牙

初めての試みであり、ちょっと特殊なドリフェス(ランク「S1」)『サーカス』に参加するfineと前座で出演する2winkの特訓期間を含めた話。

英智
皇帝として君臨する英智もステージに立つ前はひとりぼっちで膝を抱えるし、自分を追いかけてくる桃李にはかっこわるい姿を見せたくないし、何より誰よりアイドルが好きっていう人間らしい面がうかがえる

ご奉仕!喫茶UNDEAD
時期:春
開催期間:2015/6/17~6/27
登場人物:UNDEAD、紫之創、天祥院英智、朔間凛月、鳴上嵐

『学院祭』の出し物として執事喫茶で参加するUNDEADの話。

◎学院祭
・前夜祭がある
・アイドル科はユニット単位で参加する規則

◎Trickstarの革命がもたらしたもの
・自分のことしか考えておらず利害関係のみで構成されていたKnightsの意識が変わった。みんなで何かをするようになった。
・生徒会の権力は依然としてあるものの、以前のようにびくびくする必要はなく生徒の考え方は変わっていくだろう(英智談)

◎アドニス
「小さく弱かった」とき誰も助けてくれなかった。それを悲しいとは思わなかったが他者に同じ思いをしてほしくないとは思った。
→「大きく強く」なろうと努力する者に惜しみなく協力する、「小さく弱い」生き物はまもる

ジャッジ!白と黒のデュエル
時期:夏
開催期間:
登場人物:Trickstar、Knights、弓弦、桃李

ドリフェス「デュエル」で対決するトリスタとナイツの話。

◎デュエル
・題材はチェス
・ランクB1
・生徒会がライブをドリフェスと名付け、ランク付けする前から存在した

◎せないずからゆうくんへのヤバイ発言集
「俺が金を払って雇った連中に形成させてる『ゆうくん監視網』」
「まず転校生を屋上から落とす、そのあと、ゆうくんを落として俺も落ちる
「ゆうくんが俺のいつも着てる衣装に袖を通している、つまり俺と一体化している」

◎凛月から真緒へのこじらせた発言
「俺はそんなま~くんの歪んだ欲求を満たすために、我が身を捧げてるの。つまり俺がだらしないのは、ま~くんへのご褒美…♪」
(自分を正当化するためのめちゃくちゃな理論ぽいけどあながち間違ってない気がする)

◎圧倒的リア恋(?)
真緒「『プロデューサー』と仲良くするのも仕事のうちだ。ちょっと見ていて、なぜか胸がモヤッとするけど」
嵐「ヤキモチやいちゃってるのねェ、でも凛月ちゃんとあんずちゃん、どっちに対してのヤキモチかしら?」
真緒くん圧倒的リア恋枠だと思ったらそうでもなかった!!!とても常識人とは言い難いメンバーの中ではまともな方で転校生ちゃんとも少女漫画的関係性になれる数少ない人には違いないけど立ちはだかる幼なじみの影が濃すぎる。嵐ちゃんは周りをよく見てるねェ…

◎グラビア
ゆうくんはグラビア時代がトラウマで今でもカメラを向けられるのが苦手。
その気持ちも分かるし、一時的に「そっちの仕事」をお休みしてる泉さん。

◎B1
本編では龍王戦が生徒会によって弾圧されたけど今回は監視程度。
生徒の切磋琢磨する場となり多様性に富むB1を英智は黙認してる。
子どものお遊びに付き合ってる暇はない、その間に僕は先をいくよ、と。
でもその遊びを許してくれてるところに革命の余波と英智のアイドル好きな部分が垣間見える気がする。

2015年前半は4つと少なめで各ユニットの紹介的な意味を含みつつさらっと読める。そんなに重くない。